お客様の求めているもの

0
    私は最近もっぱら警察署に関わっています。

    風俗営業許可申請をやっているためです。

    パブやスナックなど、女性が接待するお店はこの許可が必要になります。

    また、マージャン店やパチンコ屋も風俗営業許可です。

    業務内容としては申請書の作成や住民票などの添付書類集めですが、

    この許可の特徴的な業務内容は、申請書に添付する図面の作成です。

    お店の広さや照明の数を測定して、図面にします。

    とても地味な作業なのですが、そんな作業が私は好きです。


    ただ、最近気が付いたのは、

    「図面をどんなに綺麗に作っても、許可が取れるかには関係がない」ということです。

    そう、お客様が求めていることは

    「許可が取れること」なのです。

    「綺麗な図面を作ること」ではありません。


    「うちの事務所は凄く綺麗に図面が作れます」という行政書士と

    「うちの事務所は最短期間で許可をとります」という行政書士だったらどちらに依頼しますか?

    もちろん後者を選ぶでしょう。

    また、「綺麗な図面を作成するため1ヶ月かかりますので報酬は30万円請求させていただきます」という行政書士と

    「図面は手書きで少し見栄えは悪いかもしれませんが、許可は取れますし手間は少ないので報酬は20万円で結構です」という行政書士は?

    これも後者ではないでしょうか?

    図面は手書きであろうとチラシの裏紙であろうと、客観的にお店の構造などがわかれば許可は取れます。

    一方でその許可についての知識をどれだけ持っているかということのほうが、行政書士の技量が図られるのです。

    たとえば、お店の構造が原則的には許可取れないような状態のとき

    少ない改装費でどこをどのように直したら許可が取れるようになるかとか、

    また、申請書の書き方次第で改装しないで許可が取れるとか、

    そういった知識のほうが重要ではないでしょうか?


    と私は思っているので、経験の浅い私はそこまで高い報酬を請求していません。

    「若いうちは買ってでも苦労すべし」という言葉のごとく、若干赤字になることもあります。

    しかし、そういった経験が今後私の行政書士としての価値を高めてくれると考えております。

    風俗店営業許可や飲食店営業許可をお考えの方がいましたら、ぜひご依頼いただければと思います。

    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    ↓励みになるので、クリックお願いします↓

    amazonで一息つきませんか?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM