窓税

0
    こんばんは。
    江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。


    みなさん「窓税」というのはご存知でしょうか?

    その名の通り窓にかかる税金です。


    「そんな税金あったの?!」と思われたかと思います。

    もちろん、今はありません。

    しかし、昔はあったのです。

    インターネットの情報によると戦国時代から江戸時代のころに、

    窓の数に応じてかけられる税金があったそうです。

    まぁ、今の固定資産税似たような感じです。



    昔は今の不動産のように登記制度がありませんでしたので、

    どこにどのくらいの建物があるかなんて管理されていませんでした。

    そのため、外から見て数えられる「窓の数」というのは測定しやすかったのでしょう。


    おそらく、窓税を逃れるために窓のない家や、

    窓ではなく玄関がたくさんある家など

    へんな家がたくさんあったのでは、と想像してしまいます。




    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング


       






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    ↓励みになるので、クリックお願いします↓

    amazonで一息つきませんか?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM