当事務所のFAX番号が流出

0

    こんばんわ。
    江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。


    先日、一人で事務所に残り残業していたところ、

    急にFAXが届きました。


    内容を見てみるとビックリ。

    なんとそこには税理士の名前とFAX番号がずらりと記載されていたのです。

    千代田区や港区、最後の方に江東区など

    23区の税理士が大体200名ほど

    枚数は3枚にもおよびました。

    その中に私のFAX番号も記載されていたのです。

    また、私も知っているご近所の税理士先生のFAX番号も記載されていました。


    なぜこんなFAXが送られてきたのでしょうか?

    まぁ推測すると、税理士向けにチラシをFAXしようとしたところ、

    誤って送り先の税理士リストを送付してしまったのでしょう。


    問題は、このようなFAXを送ることは悪いことではないのか?という点と

    このようなリストを販売することは悪いことなのか?という点です。

    私としてはどちらも法律上罪はないでしょう。

    なぜならば、税理士のFAX番号はホ−ムペ−ジなどに載っています。

    誰でも簡単に知れるような情報ですので、個人情報などではありません。

    また、このようなリストを作ること自体は簡単ですし、

    それを販売したからといって何の法律にも抵触しないのです。


    もちろん、一般に公開していないような情報であれば違法性が出てきます。

    私の携帯電話の番号や住所など

    また、当該税理士リストを誤って送付したことにより、税理士に何かしらの損害が生じれば、

    それは損害賠償請求ができるように思います。


    なにはともあれ、あまり良い気分はしませんでした。

    自分の事務所の情報が意図しない所に流出、利用されているのですから。


    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング

     



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ↓励みになるので、クリックお願いします↓

    amazonで一息つきませんか?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM