公務員のサ−ビス向上は士業を脅かすか?

0

    こんばんは。
    江東区亀戸の税理士、行政書士の大島崇史です。


    前回お話したように今日は

    公務員のサ−ビスが向上すると、士業はいらなくなってしまうのでは?

    ということについて考えてみましょう。


    まずは、弁護士さんからです。

    弁護士とかかわりのあるお役所といえば「裁判所」です。

    では、裁判所の裁判官のサ−ビスが向上したらどうなるでしょうか・・・?

    裁判官の人が裁判の流れをいちいち説明してくれて、

    「反論するときは『異議あり!!』って机を叩くんだよ」

    なんてゲ−ムのしすぎでしょうか・・・。

    まぁ、裁判所がサ−ビス向上しても弁護士さんには何の影響もないように思います。


    次は税理士です。

    税理士といえば税務署です。

    確かに税務署のサ−ビスが良ければ、確定申告を税理士にお願いするお客さんは減ると思います。

    しかし、どんなにサ−ビス向上しても税務署が決算書まで作ってくれるなんてことはないと思いますし、

    税理士自体がなくなることはないと思います。

    だって節税対策を教えてくれる税務署なんて想像できますか?



    次に、司法書士はどうでしょうか?

    法務局のサ−ビスが良くなったら、役員変更登記だけを司法書士さんにお願いすることはなくなりそうです。

    自分があまり司法書士さんの業務を知らないからかもしれませんが、

    法務局のサ−ビスが良くなったら、司法書士のお仕事は結構少なくなるのではないでしょうか・・・・


    最後に行政書士です。

    行政書士のかかわるお役所は、市役所、警察署、消防署など様々です。

    確かにこれらのお役所が親切丁寧に申請書や届出書の書き方を教えてくれれば

    行政書士の業務もかなり限られてくるかもしれません。


    私の知っている範囲で、それぞれの士業について考えてみましたが、

    結局のところ、どんなにお役所のサ−ビスが向上しても士業は必要だと思います。

    確かに業務の幅は狭くなると思いますが、

    士業には「国をチェックする機能」があると考えます。

    お役所側が親切と見せかけて、嘘をつくことだってあり得るからです。



    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング

     



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ↓励みになるので、クリックお願いします↓

    amazonで一息つきませんか?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM