連年贈与の契約書

0

    こんばんは。
    江東区亀戸の税理士、大島崇史です。


    相続税の節税方法についてご相談を受けたとき、

    ふと思ったことがあります。


    贈与税の基礎控除110万円を利用し、毎年110万円前後を息子さんに贈与する

    っというのはよくある相続税節税方法ですが、

    平成25年から平成30年の5年間で、毎年110万円を贈与する

    という贈与契約書を作った場合どうなるでしょうか?

    どうせ毎年110万円の贈与契約書を作るくらいなら、まとめてやってしまおうという方法です。

    これなら貰う側も将来5年間贈与が受けられ、安心!!



    しかし、この方法は絶対にやってはいけません

    このような契約書を作ってしまった場合、初年度に贈与税がかかってしまうのです。
    (上記の例であれば、平成25年に贈与税が生じます)

    なぜならば、「何年間かにわたり贈与します」というのは、有期定期金というものになるためです。

    上記の例でいうと、平成25年に約550万円の贈与があったものとされてしまいます。
    (実際には、複利年金現価率というもので割り返し計算を行いますので、550万円よりは少なくなります。)


    したがって、毎年贈与することが決まっていても、

    あらかじめ上記のような贈与契約書は作ってはいけません。

    毎年忘れずに贈与した上で、贈与契約書を作成しましょう。


    久しぶりにまじめな記事を書いた気がします。



    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング

     



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    ↓励みになるので、クリックお願いします↓

    amazonで一息つきませんか?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM