外れ馬券の判決と生命保険の関係

0

    おはようございます。
    江東区亀戸の税理士、大島崇史です。


    「外れ馬券が経費になるか?」という判決が話題になっています。
    (「外れ馬券は経費になるか?」http://blog.oshima-tax.com/?eid=177

    話題になっているといっても、税理士などの一部の人の間だけで、

    むしろイチロ−の4000本安打の方が普通の人にとってはビックニュ−スですね。


    そんな外れ馬券の判決の概要については、以前の記事を見ていただきたいのですが、

    今回の判決では、一時所得ではなく雑所得に該当することにより、

    外れ馬券は経費となるという論法でした。

    私としても、外れ馬券を経費にするためには、そう主張する方法しかないと思っています。

    しかし、「一時所得としてでも外れ馬券は経費になるべきだ」という意見もあるようです。

    今日はそんな意見に対して、「生命保険」をテ−マに反論してみたいと思います。



    なぜ、馬券の話しから生命保険の話が出てくるのかというと

    生命保険はギャンブルととても似ています

    死亡率が高ければ、支払う保険料が高額となるか、貰える保険金が少なくなる。

    一方で、死亡率が低ければ、保険料は少なくなるか貰える保険金を多く設定することができる。

    つまり、被保険者の死亡する時を予想して賭けているようにも思えるわけです。

    一番人気の馬に賭ければ倍率は低く、いくら賭けても配当は少ない。

    その一方で、人気の低い大穴馬券であれば、少しの掛け金が数十倍の配当となる。

    まさに、生命保険と競馬は同じような性格を有しているのではないでしょうか?


    さて、生命保険についてかかる税金といえば相続税と思われることが多いと思います。

    しかし、相続税以外の税金がかかることもあるのです。

    通常は自分を被保険者として生命保険に入り、受取人は配偶者や子供ということが多い。

    賭けの対象は自分支払いは自分で、受取りは相続人

    この場合は相続税がかかります。


    しかし、子供が親を被保険者として生命保険に入り、受取人は子供自身という場合には

    相続税ではなく、所得税がかかります。そして、馬券と同様一時所得に分類されます。

    支払う人も受取る人も子供、ただし賭けの対象は親

    つまり親の死亡を予想したギャンブルということとなるわけです。


    もちろん、保険期間中に親が死亡しなかった場合、保険料は無駄となり・・・

    いや、むしろ無駄となったことを喜ぶべきですが。

    この場合には収入はないため税金は課税されません。

    しかし、支払った保険料を経費として計上することもできません。


    一方、親が死亡した場合には保険金がおります。

    そして、この場合には所得税の一時所得として課税されます。

    受取った保険金から、今までに支払った保険料を経費として差し引いて計算するのですが、

    まさに当たり馬券と同じような課税方法になるわけです。


    もし、外れ馬券を一時所得としても経費に含まれるとするならば、

    生命保険についても同じように取り扱う必要が出てしまうと思います。

    子供が、「親が死亡したとき」、「親ががんになった時」の2つのタイプの保険に加入していたが、

    親はがんにならずに死亡した。

    すると、死亡保険の方だけに課税されます。

    受取った死亡保険金から、今までに支払った死亡保険の保険料を差し引く。

    もし、外れ馬券を一時所得としても経費に含まれるとするならば、

    そこで、がん保険の保険料も経費に含めるということになってしまいませんか?


    ちょっと、小難しくなってきてしまったのでこのへんにしておきましょう。

    頭の中でモヤモヤしていたので文章化し、少しすっきりしました。


    大島行政書士事務所バナ−

    大島税務会計事務所バナ−


    ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
    にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング



     


    合格率が高いのも困りもの?

    0

      おはようございます。
      江東区の税理士、大島崇史です。


      昨日、「生命保険一般課程試験」というのを受験してきました。

      生命保険一般課程試験とは生命保険の業務に関わる人が取らなくてはいけない試験です。

      この試験に合格しないと生命保険の勧誘などができません。

      したがって、受験する人は保険会社の新入社員や保険代理店をしようとしている人です。



      なぜそんな試験を受けてきたかというと

      「保険の勧誘・紹介をしよう!!」


      というのはあくまで建前で、本音は


      「保険について少しでも勉強しておこう!!」

      というわけです。



      保険を紹介して契約していただけると、保険会社からおこずかいをもらえるわけですが、

      私は別にそれが欲しいわけではありません。

      保険について勉強して、お客さんの保険契約状況が大丈夫か、お客様に合う保険がないか、

      そんな判断・アドバイスができれば良いと思ったからです。

      そのため、私が代理店契約している保険会社以外の他社の保険と比較してもらって

      最良の保険に入ってもらえればいいのです。
      (人によって好きな保険会社、嫌いな保険会社というのもありますので)



      そんな代理店になるための生命保険一般課程試験ですが、

      合格率は90〜95%と非常に高く

      出題範囲も100ペ−ジくらいのテキストの内容から出題されるため

      難易度は低く、勉強時間も10時間程度で十分合格できるでしょう。



      ここまで合格率が高いと、不合格だった時はとても恥ずかしいです。

      私は保険会社外部の人間なので、不合格でもリスクはあまりありませんが

      保険会社の新入社員の方は不合格だったら、先輩や上司にきつく言われるのでしょう・・・

      試験会場もそんな雰囲気が漂っていました。




      江東区亀戸の会計のわかる行政書士 大島行政書士事務所
       

      江東区/亀戸の税理士 中小企業のビジネスパ−トナ− 大島税務会計事務所


      ↓励みになるので1クリックお願いいたします。
      にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング


      生命保険の選び方

      0
        下町の税理士・行政書士の大島です。

        本日ご紹介する本はこちら
        「生命保険の『罠』」後田 亨



        妻に勧められて読んだのですが

        なかなか参考にするところが多く、非常に有用な本でした。



        著者は大手保険会社での営業の経験があり、

        保険のプロの実際にあった経験などから

        生命保険のあり方や保険会社の内側について書かれています。


        そのなかでも、

        保険会社から保険を勧められた時には

        「その保険、勧めるあなたも入っているんですか?」

        と聞くことにより、その保険の良さ悪さをしっかりと質問すべき、と主張されています



        たしかに、私共税理士は、お客様の確定申告を承っている関係上、

        お客様がどんな生命保険に入っているかを知る機会があります。

        なかには、非常に多くの生命保険に入っている方や

        生命保険に一切入っていない方など、千差万別です。


        どうして、その生命保険に入ったのかまではわかりませんが

        一見「無駄」としか言いようのない保険に入っている方もいらっしゃいます。




        私の意見としましては、やはり保険は「ギャンブル」だと思います。

        たとえば、
        30歳の方が月額1万円で、「死亡したら保険金300万円」という保険に入ったとします。

        月額1万円ですので、1年で12万円、10年で120万円、20年で240万円、30年で360万円

        保険料を負担することになります。

        つまり、20年(50歳まで)生きていれば、

        もらえる保険金300万円 − 払った保険料240万円 =60万円の得

        ということになります。


        一方、30年(60歳まで)生きれば、

        もらえる保険金300万円 − 払った保険料360万円 =60万円の損

        ということです。


        単純に計算するとこのように、保険が得か損か判断することができるかと思います。



        しかし、上記のような単純な保険は実際にはありません。


        「満期返戻金が返ってくる」とか「20年目から保険料が安くなる」とか

        複雑な保険商品ばかりです。

        また、保険の種類も終身、定期、養老など

        よくわからない単語が多く使われています。


        私自身
        「保険はよくわからないから、保険会社の人におまかせ」
        と思っていましたが

        保険会社の人は、あなたに合った保険を選んでくれているのでしょうか?

        保険会社も営利を目的としていますので、

        保険会社にとって利益のある保険をお客様に押し付けている可能性はないでしょうか?

        また、他の保険会社との比較はしっかりとされているのでしょうか。


        生命保険を契約する場合は、しっかりとその契約内容を確認し

        わからなければ詳しい人にしっかりと説明してもらう必要があると思います。


        「今、保険契約すると1万円キャッシュバック」とか

        「かわいいアヒルの人形がついてくる」とか

        目先のものに踊らされて、安易に保険に入らないようにしましょう。




        江東区/亀戸の税理士 中小企業のビジネスパ−トナ− 大島税務会計事務所



        「今入っている保険を見直そう」って思われた方は、1クリックだけでもお願いいたします。
        にほんブログ村 士業ブログへ           blogramのブログランキング


        | 1/1PAGES |

        profile

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        ↓励みになるので、クリックお願いします↓

        amazonで一息つきませんか?

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM